未分類

避妊しない男の理由は?男性が避妊しない理由には女性が意見を言えないことも関係しています。

避妊

避妊しない男には要注意

妊娠を望んでいないにもかかわらず、避妊せずにセックスをすることは重大なリスクを伴う行為です。

とはいえ、最も広く行われている避妊行為であるコンドームの着用は、男性が主体になりがちです。コンドームは、コンビニで購入できて避妊成功率も高い優れた避妊具ですが、男性の中には装着を嫌がる人もいます。

コンドームを着けるのはあくまで男性です。男性自身が進んでやってくれないと、避妊無しのセックスになってしまいがちです。男性の中には、甘い言葉や嘘で女性を言いくるめようとする人もいます。以下のようなセリフには、要注意です。

「外に出せば大丈夫だよ」
「妊娠したら責任は取るつもりだから」

男性に流されて生でしてしまった結果、本当に妊娠した場合に本当に責任をとってくれますでしょうか。妊娠のリスクを負うのは女性だけです。最悪の場合、急に連絡がとれなくなるおそれもあります。

男性に捨てられるような事態にならない為にも、自分から「避妊して」と伝えることが大切です。男性だけでなく、避妊の意思を伝えられない言えない自分にも問題があるという意識を持ちましょう。

男が避妊しない理由とは

あなたが避妊を望んでいるにも関わらず、彼が避妊をしてくれないようでしたら、図星をつくのが効果的です。男性が避妊をしたがらない理由として、いくつかの心境が考えられますが、大体は同じようなものだと思います。避妊しない理由として以下が挙げられます。

面倒くさいから

男性の中には、面倒くさいという理由だけでコンドームを着けたがらない人もいます。コンドームはコンビニやドラッグストアで手軽に買える避妊具で、値段も決して高くありません。それでもなお、面倒くさいと感じる人種もいるのです。

こういった男性の中には「外に出せば大丈夫」といった安直な考えを持っている人も多いです。外出しは、決して避妊といえる行為ではありません。男性の中にはその理性が欲望を上回って、先のことを考えられない人が一定数いるのです。

ゴムを着けると気持ちよくないから

コンドームを着けない男性が口にするありがちなセリフとして「感度が落ちる」というものがあります。確かに快感を求めてセックスをすること自体は悪いことではありません。ですが、避妊をしなかったことの代償として、女性は一生に関わるようなリスクを背負わされるのです。

「生じゃないと気持ちよくない」と言う男性に同情してはいけません。これは女性の事を一切に考えていない自己中心的なわがままです。最近では、感度を保つために、極限まで薄くなってるコンドームもあります。

コンドームに抵抗を示す男性の中には、稀にゴムに対してアレルギーを持っている人もいます。そんな人は、コンドームの素材の種類を変えてみるのが良いと思います。一般的にはラテックスが多いですが、中にはポリウレタンで作られてる製品もあります。

理性が保てない

抱き合う男女

意外に思う女性も多いかもしれませんが、性欲の強さには男性によってバラつきがあるものです。
健康な男性なら誰しもが性欲を持ってはいますが、人によっては淡泊だったり、逆に激しい性欲をコントロールできない人もいます。

情熱的なアプローチに乗せられて、ついつい避妊無しでしてしまった経験のある女性もいるかもしれませんね。1度でもゴム無しでしてしまうと避妊に対する意識が薄れる危険があります。仮に以前は運よく妊娠には至らなかったとしても、次も避妊できるとは限りません。

外出しに妊娠のリスクは無いと思っている

危機管理能力の低い男性の中には「外出し」しとけば妊娠しないと思っている人もいます。外出しとは、射精しそうになったら、膣から抜いて外に出す行為(膣外射精)です。外出しが避妊行為という認識は全くの誤りです。

射精に至らなくとも、興奮した男性の陰茎からはカウパー(我慢汁)と呼ばれる体液がすでに出ています。カウパーには精子が含まれていますので、膣内に侵入すれば妊娠する可能性は十分にあります。

妊娠に関する知識や意識が低い

精神的に未成熟な男性の中には、妊娠がいかに重大なことかを理解していない人もいます。こういった男性は想像力が欠如しており、セックスに対する甘い妄想はできても、避妊しないことのリスクを考えることができません。

間違った愛情表現をしている

厄介なケースとしては、避妊をしない事が女性に対する愛情表現であるという大きな勘違いをしている男性もいます。こういった男性は、口先だけは立派に大切に思っている風なことを言いますが、行動には全く愛情が伴いません。非常に表面的で薄っぺらな男性です。
ただし本人としては真剣なつもりなので、女性側から伝えにくいという面倒な状況に陥りがちです。

結婚したいと思っている

プロポーズ

結婚を前提に付き合っている間柄であれば、必ずしも避妊をせずとも良いでしょう。ただし、本当に結婚前に妊娠しても大丈夫でしょうか?十分に納得した上で決めるべきです。

注意しなくてはならないのが、本当に結婚の意思があるのかという点です。いざ本当に妊娠した際に、怖くなって逃げだす男性もゼロではありません。女性を言いくるめる為に結婚をチラつかせる男性もいます。

本当に妊娠してもいいのか。結婚という言葉に流されていないか。今一度よく考えましょう。

避妊しない男は4割もいる

避妊率を検証したある調査では、いつも避妊を行っている未婚男性の割合は40%程度だったようです。
加えて、未婚女性の20%にあたる割合が「外出し」という非確実な避妊方法を選んでいました。

セックス時に出るカウパー(我慢汁)には、少なからず精子が含まれています。膣内射精を行わなくとも、避妊を行わずに挿入するだけで十分な妊娠のリスクを伴います。

調査の結果から、かなりの割合の男性が確実な避妊をしていない現状が浮かび上がってきました。

避妊は男と女で行うもの

ここまで避妊をしない男性について紹介してきました。避妊をしない男性は多いものです。結局のところ自分の身は自分で守る他ありません。

その為に大切なことは何でしょうか?

答えは明白です。女性が主体となって避妊を行えば良いのです。

女性が主導権を握りやすい避妊方法といえば、低用量ピルが挙げられます。すでに欧米を始めとした諸外国では、コンドームよりも低用量ピルを使った避妊が主流になってきています。

女性がイニシアチブを握れる避妊とは何でしょうか。避妊を他人任せにする時代はもう終わったのかもしれません。

ピルを飲むメリットについて詳しく知りたい人はコチラ

避妊を促すのに有効的な言葉

重なる男女

彼のことが好きだけど、避妊をしてくれない。そんなときには、避妊をして欲しい意思をはっきりと伝えることが大切です。

ですが、避妊して欲しいことをどう伝えたら、相手を傷つけることなく納得させることができるのか?悩む女性も多いかと思います。

「避妊して」を伝えるモメない言い方を紹介します。

セックスに集中したいの…

「避妊しないと不安でセックスに集中できない」と伝える方法はかなり有効です。男性は女性をセックスで楽しませることで、満足感を得る生き物です。女性を気持ち良くさせる為としての条件ならば、避妊を了承する男性も多いでしょう。

とはいえ、避妊に関する意識の低い男性では「外出しするから!」の一点張りで来る可能性もあります。

知人が妊娠したらしい…

知人から聞いた話として、避妊を行わずにセックスしたら妊娠したなどのエピソードを話す方法です。男性は、避妊の必要性をより現実的に感じやすくなります。

男性は他人から言われて態度を改めるのが苦手な生き物です。客観的な意見として話すことで、避妊を受け入れやすくなる可能性があります。

避妊してくれないなら…

諦めるようですが、どれだけ話しても分かってくれない男性はいます。そんな男性に対して情で流されてはいけません。避妊をしてくれないなら、セックスはしないということを毅然とした態度で伝えましょう。

彼が本当にあなたの事を大切に思っているならば、必ず避妊について考えてくれるはずです。避妊に理解を示さない男性であれば、いくら好きであっても分かれる選択肢を考えなくてはなりません。

二人の未来を考えたいの…

避妊して欲しい旨を伝えたとき、男性が返してきがちな返事として以下が挙げられます。

「そんなこと言うってことは俺のこと嫌いなんでしょ?」

こういった非常にありがちなセリフには、こう返します。

「貴方との未来を真剣に考えているからこそ、計画的に赤ちゃんを作りたいの」

二人の将来のことを見据えて避妊する方が、貴方のことを真剣に考えているのだということを伝えましょう。

「避妊して」が言えない女性

落ち込む

避妊をしてほしい意思をはっきりと伝えることのできない女性は多いです。

どうして言えないのか?本人は何となくわかっているはずです。「避妊して」が言えない女性の心の中を紹介します。

嫌われたくない…

避妊してほしいと伝えた結果、相手に嫌われるんじゃないか?萎えてしまうんじゃないか?といったことを恐れています。避妊したくない男性を否定することで、自分の愛情が疑われることに不安を感じているのです。

しかし、これは問題を先送りしているだけに過ぎません。男性と末永く付き合いたいと思っているなら、早いうちに避妊の意志を伝えられるようにしなくてはなりません。

その場の空気に流される

これは思考を停止している状態です。相手の事が好きで今が楽しくなってしまい「妊娠しちゃってもいっか!」とその場の空気に流されています。

このケースは、男性に対して惚れっぽい女性に多いです。本当に彼はあなたのことを真剣に考えてくれていますでしょうか?避妊をしなくて酷い目に遭うのは女性だけです。

自分が妊娠し辛いと思っている

生理不順などの理由から、自分のことを妊娠しにくい体だと決めつけている女性もいます。

以前に中出ししたけど妊娠しなかった経験がある女性では、特にこの思考に陥りやすい傾向があります。

実際に妊娠しづらい女性がいるのは確かですが、生理周期や経験などから自己判断するのは危険です。根拠の無い思い込みによって酷い目に遭うのはあなたです。

女性が自分でできる避妊方法

  • 相手が避妊をしてくれない…
  • 避妊して!と伝えられない…

避妊に関する悩みを抱えている女性は多いですが、コンドームを使わずとも避妊は可能です。相手のコンドームの着用の有無に関わらず、女性自身でできる避妊があります。

欧米など諸外国では女性が主体となって避妊を行うのが一般的です。その時に用いられるのが低用量ピルです。日本ではまだ浸透しきっていないピルをつかった避妊について紹介します。

低用量ピルを使った日ごろからの避妊

コンドームと並ぶ代表的な避妊方法として、低用量ピルを使った方法が挙げられます。低用量ピルは毎日継続的に飲み続けることで、妊娠しない体を維持し続ける薬です。コンドームよりも優れた避妊成功率が得られます。
期待できる効果は避妊だけではありません。生理の不調や肌荒れなど、女性ホルモンバランスが関係する症状に対して効果的に作用します。

ユーザーの口コミ

評価:★★★★★

以前は産婦人科で購入していましたが、こちらを利用してからは、お安いし早く届くので、リピートしています。 一年分にプラスして曜日の調整用に追加しました。 個人的にはシート裏の数字が役に立っています。 携帯のアプリと合わせて飲み忘れしなくなりました。

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照:あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-345/review-5

低用量ピルについて詳しく知りたい人はコチラ

避妊に万が一失敗したあとでもできる避妊法

日頃から低用量ピルを飲んでいない方では、一般的な避妊法はコンドームになります。ですが使い方が間違っていたり、破損していたりすると、避妊に失敗するリスクがあります。
こういった場合、緊急避妊薬のアフターピルを使うことで、避妊に失敗した後からの服用でも、避妊効果を得ることができます。
アフターピルは緊急時にのみ使う緊急避妊薬です。普段から飲む低用量ピルとは異なります。

ユーザーの口コミ

評価:★★★★☆

何度も使用させてもらっています。 ちゃんと避妊してくれるので助かっています。 もしもの時には本当に助かります。 また買いたいと思います。

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照:あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-381

アフターピルについて詳しく知りたい人はコチラ

避妊しない男性にはNOと言うことが大事

男性が避妊しない理由は様々です。面倒や気持ちよくないなどの身勝手な理由から、女性に対する愛情表現という厄介な理由まであります。
ただし被害者で終わるのはよくありません。男性に流されて避妊をしないのは、女性にも問題があります。

パートナーとの真剣な付き合いを続けたいと思っているならば、女性が避妊してとしっかりと伝えなくてはなりません。
避妊で自身の体を守ることは、パートナーとの将来をしっかりと考えることでもあります。
「避妊をしてくれないならセックスをしない」といえる勇気を持ちましょう。

流される女性は、男性から見て「都合がいい」だけです。自分の意志をしっかりと言える女性の方が魅力的に映るハズです。