未分類

アフターピルで不妊にはなりません!アフターピルの安全性と副作用について紹介します。

不妊

アフターピルを使い過ぎると不妊の原因になる?

「アフターピルは将来の不妊の原因になる?」
「飲み過ぎると耐性が出来て効かなくなる?」

こういった噂から、アフターピルの服用を躊躇している人も多いようです。

はっきりと言い切れるのは、アフターピルの服用が不妊の原因に繋がる危険はないということです。

アフターピルは、緊急の妊娠リスクに対して安心して用いることのできる緊急避妊薬です。
アフターピルと不妊の関係や安全性について解説します。

アフターピルは安全な薬

アフターピルには不妊のリスクが無いと、言い切れるのには理由があります。
避妊が成立しなかった場合に妊娠のリスクを無くす効果のあるアフターピルですが、配合されている有効成分には不妊を促すような作用はありません。

配合されているのは女性ホルモン

アフターピルに配合された有効成分は、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンです。黄体ホルモンは、もともと女性の体内に存在している自然のホルモンであり、主に月経に関係していると考えられています。

黄体ホルモンを服用することで、体内のホルモンバランスに一時的な変動が起こります。結果的に排卵の抑制と受精卵の着床を防ぐ働きが得られることで、アフターピルの避妊効果は発揮されます。ホルモンバランスの変化による副作用が生じることもありますが、不妊のリスクに繋がる危険はありません。

アフターピルの吐き気の対処法

なぜ不妊になる噂が広まったのか?

アフターピルで不妊になるといった噂が広がった原因の一つに挙げられるのは、高用量ピルの存在です。

高用量ピルは、今はもうほとんど使われていないタイプの避妊薬です。1錠に配合されているホルモンの量が多く、服用によって非常に重い副作用が確認された為です。現在、主流で使われている低用量ピルや中用量ピルは、成分の含有量を抑えることで、避妊薬の副作用を減らしています。

高用量ピルにおいても不妊の副作用は確認されていませんが、重い副作用があったというイメージから、不妊を連想する人も少なくないと思われます。この高用量ピルに対する印象が、アフターピルと不妊を結びつける一因となった可能性として考えられます。

アフターピルは何度でも飲める?

水を飲む女性

アフターピルは安全性について十分に実証されている避妊薬ですが、その服用が少なからず体への負担となる可能性は否定できません。比較的に副作用が軽い避妊薬ではありますが、使い過ぎには要注意です。

毎回のセックスの度にアフターピルを使って避妊をするのは推奨されません。アフターピルの使用は緊急時に留め、日常使いには低用量ピルを用いるようにしましょう。

低用量ピルについて詳しく知りたい方はこちら

過剰な服用量には要注意

アフターピルには確かな安全性が認められてますが、薬効を示す医薬品です。医薬品である以上は、どんな物でも過剰に飲めば健康への害に繋がる危険があります。

アフターピルの使用時には、適切な用法用量を守りましょう。緊急避妊を行う際には、体にかかる負担を最小限に抑えることが大切です。

副作用が出た場合の対処法

副作用の出にくいアフターピルとしてノルレボがありますが、空腹時に服用すると吐き気の症状が出やすくなります。食後もしくは軽食の後での服用が推奨されます。
アルコールとの飲み合わせのよる避妊効果の減退は報告されていません。嘔吐が出やすくなる可能性があるので要注意です。

服用から2時間以内に吐き出してしまうと、避妊効果が低下するおそれがあります。乗り物酔いをしやすいなど、吐き気に弱い傾向のある人では、あらかじめ吐き気止めを飲んでおくなどの対策がおすすめです。

副作用が出た際には、慌てずに様子を見てください。不調に改善が見られない場合には、婦人科系の病院を受診しましょう。

以前に副作用が出た経験のある方は、アフターピルの使用を極力避けられるように気を付けましょう。

アフターピルを繰り返し使用した場合

「何度も繰り返して飲むと、耐性がついてアフターピルが効かなくなる」

この情報は全くの誤りです。
アフターピルの避妊効果と使用回数については、全く何の関係もありません。適正な使用によって一定の避妊率が維持されます。

仮に服用の回数が多くなったとしても「避妊できないんじゃ?」といった不安を抱える必要はありません。

妊娠したい場合はどうする?

しばらく経てば、また自然な妊娠が望めるようになります。アフターピルの服用後に生理を確認したら、それ以降は飲まなければ、妊娠できる体に戻っているはずです。
冒頭でも述べた通り、不妊の後遺症はありません。アフターピルの服用を止めるだけで妊娠機能は復活します。

当たり前ですが、アフターピルの服用直後には妊娠できない状態になりますので要注意です。

中絶のリスクは把握しておく

悩む女性

中絶は苦しい選択ですが、望まない妊娠がおきた場合には取らざるを得ないこともあります。

中絶とは、人工的手段によって意図的に赤ちゃんを堕ろす方法です。
中絶が認められる期間は日本の法律で決められており、妊娠22週未満(21週6日)までとなります。

日本における中絶率は、妊婦5人あたり1人という結果を示す報告があります。
中絶を行う女性の年齢層は10~20代の若い世代というイメージを持たれがちですが、実際には30~40代の女性が行うケースも多いです。

中絶によって女性にのしかかる負担は肉体的なものだけではありません。周囲からの目線を気にしてしまったり、自分自身を責めてしまったりといった精神的ストレスは、想像を絶します。
中絶という最悪の結果を回避する為にも、確実な避妊方法を選ぶことが大切です。

緊急避妊ができるアフターピル

緊急避妊薬として、病院で処方されているのはノルレボです。従来行われていたヤッペ法に比べて、避妊成功率が高く、副作用も出にくいメリットがあります。妊娠の可能性のあるセックスから12時間以内に服用することで、99.5%の避妊効果が発揮されます。

購入する方法は、病院で処方を受けるだけではありません。通販(個人輸入)でも手に入れることができます。万が一に備えて持っておくと安心です。

ユーザーの口コミ

評価:★★★★★

万が一にも備えられるように、お守りとして購入しました。使うタイミングが無いことを祈りますが、1錠でも持っているだけで安心できます。

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照:あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-381/review-6

評価:★★★★★

以前、ゴムが破れちゃった時は次の生理が来るまで気が気じゃありませんでした。 妊娠検査薬ではすぐに妊娠したかどうかがわからないし。 この避妊薬があれば、もしもの時があっても安心。

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照:あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-381/review-7

アフターピルの通販について詳しく知りたい人はコチラ

アフターピルで不妊になることはありません

ハート

断言します。

アフターピルの服用によって不妊になるという噂は真っ赤なウソです。

正確じゃない情報に惑わされるよりも、緊急避妊薬はすばやく服用することが大切です。冷静な判断を行ってください。

アフターピルを高頻度で使ってしまう方は、低用量ピルを使った避妊に切り替えるのが良いでしょう。低用量ピルは、毎日続けて服用する必要がありますが、アフターピルと比べて体にかかる負担が軽くなります。

低用量ピルを常に服用しておけば、避妊効果が維持されるのはもちろんのこと、生理不順やニキビなどホルモンに関する症状の改善も期待できます。
低用量ピルにおいても不妊のリスクはありません。

ピルは女性の健康な生活を支えてくれます。適切な知識を持って、自身の体を守りましょう。