未分類

ピルのメリットとデメリット!把握すれば安心対処

メリット・デメリット

低用量ピルのメリット

笑顔の女性

ピルに対してあまり良くないイメージを抱いている方も、少なくないのではないでしょうか?しかし、低用量ピルには女性を苦しめる様々な症状を改善する効果が期待できます。症状を改善する効果は、低用量ピルの副作用によってもたらされる効果です。メリットをもたらす副作用のことを「副効用」や「副効果」と言います。低用量ピルに期待できる副効用によるメリットを紹介します。

月経に関する症状を改善する

ピルに対して、月経周期を乱す・生理痛を酷くする、などのイメージを持っている方もいるかもしれませんが全くの逆です。低用量ピルの服用を継続することで、月経周期の安定、生理痛の緩和などの効果がもたらされます。

生理前になると、何でもないことでイライラする人も多いです。こういった精神的不安定の症状も、低用量ピルを使うことでかなり和らぎます。

子宮のガンを予防する

低用量ピルの影響でガンになるといった噂を信じている人もいるようですが、全くのウソです。むしろ低用量ピルを使うことで、子宮体ガンや卵巣ガンのリスクが低下するともいわれています。

低用量ピルには排卵を抑制する効果によって、卵巣にかかるストレスを和らげる働きがあります。ストレスが和らぐことで、卵巣ガンのリスクが低下します。

また子宮内膜をキレイに剥がすことで、古い内膜の蓄積を防ぐ効果もあります。古い内膜が蓄積すると、子宮体ガンのリスクに繋がります。低用量ピルは、蓄積を防ぐことで、子宮体ガンのリスクを低下させてくれるのです。

その他にも予防・治療効果がある

生理前になると、イライラする!ニキビができる!

こういった悩みを抱えている女性は少なくありません。

低用量ピルには、ホルモンバランスの乱れを正す効果があります。生理前のホルモンの乱れが和らぐことで、生理前のイライラや精神的不安定、ニキビ、肌荒れなどの症状が改善されます。

高級な美容グッズを揃えるよりも、低用量ピルを使ってホルモンバランスを整える方がメリットが大きいです。

低用量ピルのデメリット

低用量ピルには様々なメリットが期待できる反面、デメリットがあることも知っておきましょう。一番のデメリットにあたるのは、吐き気や頭痛、倦怠感、めまいなどといった副作用です。

副作用の強弱には個人差があり、症状は人によって異なります。低用量ピルは決して副作用の強い薬ではありませんが、デメリットを把握しておくことで、実際に副作用が出た時にすぐに対処することができます。

低用量ピルの主な副作用

  • 吐き気
  • 倦怠感
  • めまい
  • 頭痛
  • むくみ
  • 乳房の張り

これらの症状は一過性であり、比較的軽度なものである場合がほとんどです。

ピルの服用によってホルモンバランスが変化するため、妊娠初期のホルモン状態に近づくとされています。

主な副作用の多くは、妊娠初期に現れる不調に近い症状だと言われています。副作用に関しては、ピルを服用し始めてから1ヶ月ほどでほとんど感じなくなりました。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254910CF1025_2_15/

稀な頻度でおきる副作用

  • ふくらはぎの痛みやむくみ
  • 舌のもつれ
  • 視野のかすみ
  • 胸の痛み
  • 呼吸困難
  • 意識障害

これらの症状が見られる場合、血栓症が疑われます。ピルの服用を中止して、医師に相談してください。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254910CF1025_2_15/

副作用への対処法

吐き気

ピルによる副作用は様々ですが、副作用に対して事前に対処することも可能です。それぞれの症状に合った対処が必要です。

吐き気

吐き気の症状は、最も多くの人が感じている副作用のひとつです。厄介なのは、せっかくピルを飲んでも、3時間以内に吐きだした場合、十分に成分が吸収されない可能性があります。その場合、もう一度飲みなおさなくてなりません。吐き気が軽度であれば、市販の酔い止めの薬を飲むことで、吐き気を和らげることも可能です。

ピルと吐き気止めの併用に抵抗がある人は、ピルを服用するタイミングを寝る前の時間にしましょう。その他の対処法としては、ピルを半分にカットして12時間間隔で半錠ずつ飲み、吐き気を抑える方法も有効です。

使用しているピルが合っていないと思うならば、別のピルに切り替えることも手段のひとつです。自分に合った薬を探しましょう。

不正出血

不正出血は、ピルを飲み忘れた際や、飲み始めの時期に見られる症状です。
ピルを服用している人の多くに不正出血が見られます。出血が続く期間は、2~3週間の場合もあれば、1ヶ月以上の場合もあります。

不正出血は1シート目の服用時に出やすく、2シート目に移る頃には治まることが多いです。最初の1週間で起こる人もいれば、2シート目でようやく出血が起こる人もいます。出血が治まらなかったり、量が異常に多いなどしない限りは、心配する必要はありません。

不正出血が起こりにくいピルとしては、トリキュラーが挙げられます。別のピルを使っている方は、切り替えを検討してはいかがでしょうか?

めまい

めまい

めまいは、決して発症率の高い副作用ではありません。しかし転倒やケガの危険がある以上、めまいを甘く見てはいけません。まためまいは血栓症の前兆として生じることもあります。ピルの服用中に生じるめまいには、細心の注意を払う必要があります。

めまいの原因としては、タバコやカフェイン、アルコールなどの嗜好品も含まれますので、ほどほどに控えましょう。めまいの予防に効果的なのは、急に立ち上がったりなどを避けて、ゆっくりとした動作を心がけることです。めまいの発症率が低い(1%未満)ピルとして、マーベロンが挙げられます。

体重増加

ピルの影響による男性ホルモンバランスの変化で食欲が増えて、乳房や腰周りなどの皮下脂肪が増えやすくなります。ピルには、腎臓における体内の塩分を排出する働きを抑える作用があります。体内に塩分が貯まることで、むくみやすくなります。
ピルを飲むと女性らしいボディラインが作られるといわれるのは、このためです。

仮に体重が増加しても服用を止めることで元に戻ります。ピルの服用を続ける場合には、食生活の改善に努めることで抑えることも可能です。

食欲が増しても、口に入れる物や内容を調整すれば問題ありません。
男性ホルモンの作用が弱いピルとしては、マーベロンやヤーズが挙げられます。違うピルを使っている方は切り替えを検討しても良いでしょう。

頭痛

頭痛によって、ピルの服用をやむを得ず中止してしまうケースは多いです。ピルによる頭痛は、痛みが4~27時間持続することもあると言われています。吐き気や胃痛を伴った辛い症状である場合も多いです。

頭痛が起きる原因には、ピルの働きが関係しています。体内のホルモンバランスの一時的な乱れにより、血管の拡張が生じて痙攣が起きるのです。

加えて血管拡張を和らげるセロトニンと呼ばれる脳内物質が減少することで、血管が収縮せずに頭痛が持続してしまうのです。頭痛が起こりやすいのは休薬期間中です。

頭痛を回避するために、3周期分を続けて服用して休薬期間を取らないという方法もあります。休薬期間を設けずに服用を続けることで、頭痛の症状は和らいでいきます。

また市販されている頭痛薬との併用は問題なくできます。頭痛薬を服用することで、痛みを和らげるのも良いでしょう。頭痛が出にくいピルとしては、ヤーズやヤスミンが挙げられます。

倦怠感

倦怠感は、ホルモンバランスの乱れによって生じます。ピルを飲み始めた時期や休薬期間中、ピルの服用を急に止めたタイミングに出やすいとされています。私自身もピルの飲み始めの時期のだるさには身に覚えがありますが、運動やストレッチを始めることで和らぎました。

手足が少しだるい程度ならば、大きな問題にはなりません。要注意なのは、手足の激しい痛みや腫れなどの症状が見られた場合です。血栓症の疑いがありますので、すぐに病院に行って医師に相談してください。

倦怠感の予防に効果的なのは「タンパク質・鉄分・ビタミンB1」の摂取を心がけることです。食事から摂取することで、ピルの影響による倦怠感が和らぎます。

アフターピルのメリットとデメリット

アフターピルのメリットは、適切に用いることで避妊に失敗した後から服用しても優れた避妊効果が発揮されることです。ホルモンの量が多くなるため、副作用が出やすくなる点がデメリットとして挙げられます。

アフターピルによくある副作用

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • めまい

アフターピルの副作用中でも、吐き気や嘔吐の症状には要注意です。服用から2時間以内に吐き気によって嘔吐すると、薬の成分が十分に吸収されていない可能性があります。効果減弱のおそれがありますので、再度服用が必要になります。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254900AF2024_1_04/

稀な頻度でおきるアフターピルの副作用

ふくらはぎの痛み
むくみ
胸の痛み
呼吸困難
意識障害
舌のもつれや
視野がかすむ

上記の症状が見られる場合には、血栓症が疑われます。ただちに医師に相談してください。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254900AF2024_1_04/

アフターピルの副作用の対処法

アフターピルの副作用が強く出ると、効果の低下に繋がるリスクがあります。日常的に使う低用量ピルとは違い、緊急で使う薬です。繰り返しての使用は体に負担もかけますので、副作用については正しい知識を身に着けておきましょう。

吐き気

副作用による吐き気の緩和に効果的なのは、市販の吐き気止めや乗り物酔いの薬の使用です。病院処方においても、アフターピルと共に吐き気止めの薬が処方されることがあります。
アフターピルとの飲み合わせは問題ありませんので、吐き気に備えておくと安心です。

そもそもピルってなに?

薬の疑問

ピルの使用は避妊目的に留まりません。女性特有の月経困難症などといった病気の治療にも使われる薬です。

ピルには妊娠した際のホルモンバランスに近付ける効果があり、子宮内への精子の侵入を阻止できます。
子宮内膜の状態を変化させることで、もし受精した場合でも受精卵が着床しにくくなります。
ホルモンバランスの乱れを整えるため、月経困難症などの疾病にも有効です。

低用量ピルとアフターピルの2種類がある

ピルは特性が異なる2種類に大別できます。
1日1回の服用を継続的に行う低用量ピルと、避妊に失敗した場合に緊急的に服用するアフターピルです。いずれも避妊目的に使用される点においては共通しています。

低用量ピルが使用されるのは避妊目的に限りません。個人的には生理痛の緩和の用途で使っていました。
といったように用途に個人差がありますが、適切に用いることで、安全かつ効果的に使用できます。

低用量ピルの服用方法

21錠シートの場合

1日1錠の服用です。生理初日から21日目までの3週間、毎日決まった時間の服用を行います。22日目から28日目までの1週間は休薬期間にしますので、ピルの服用を行わない期間となります。

休薬期間には出血が生じることも珍しくありません。この出血は排卵を行わない無排卵月経です。

28錠シートの場合

1日1錠を服用します。生理初日から21日目まで毎日決まった時間の服用を行います。22日目から28日目までは、偽薬の服用を行います。偽薬の服用期間には、出血が見られることがあります。この出血は排卵を伴いわない無月経排卵です。
28日目の服用が終わったら、次のシートに移ります。

新しいシートも毎日決まった服用時間に設定してください。

アフターピルの服用方法

ノルレボ錠の場合

アフターピルの用量は、1回1~2錠の服用になります。避妊に失敗したセックスの後、72時間以内に飲みます。

プラノバール錠(中用量ピル)の場合

中用量ピルで緊急避妊する場合の用量は、1回につき2錠の服用です。避妊に失敗したセックスの後、72時間以内に飲みます。12時間後に加えて2錠服用します。
プラノバール錠を使用する場合、2回に分けて合計4錠を服用することになります。

ピルを購入する方法

聴診器とカート

ピルを購入するには、病院処方と通販の2通りの方法があります。私は初めは病院で処方してもらっていましたが、途中から通販の存在を知りました。

医薬品が通販で買えるの?

最初は半信半疑でしたが、病院に行かずに自分が欲しいタイミングで買える利便性が非常に魅力的に思えました。価格が病院よりもずっと安いことも利用を決める理由です。

通販を利用することのメリットやデメリットに関しては、ネットで調べると沢山出てきますが、私自身は特に問題なく使用できています。
通販購入による副作用や使い方のトラブルは起こりませんでしたが、それは私が病院処方で薬に慣れていたこともあるのかもしれません。

最初は病院処方をしてもらい医師から使い方などの指導をしっかりと受けて、自分に適したピルを見つけてから通販利用を検討するのが良いかもしれません。

病院処方について

私が利用していた病院では、一般的な問診と血圧の測定がありました。血液検査もして、貧血や肝臓の機能、脂質に関しての数値を調べられました。これは処方される病院によって異なるかもしれませんね。

低用量ピルの価格は、私が通院していた病院では1シート2,000円ほどでした。薬代だけでなく、血液検査や初診料、指導料など全てにおいて3,000円以上の費用がかかりました。3シート分の処方を受けて、かかった金額は合計で1万5千円以上です。

その時は納得していましたが、この他にも病院までの交通費や通院にかかる時間、待ち時間など考えると、負担が大きいなと感じるようになりました。長期間の使用を見越した結果、私は最終的に通販の利用という結論に至りました。

通販購入について

通販を使った購入に関しては、最初は少し不安もありました。商品が届かなかったらどうしよう?医薬品が偽造品だったらどうしよう?などといった懸念があった為です。ネットで調べれば調べるほど、通販を使った医薬品の購入には半信半疑な気持ちになりました。

とはいえ、病院の利用を続けるのは負担が大きいし…。

色々決めかねていた時に、偶然、会社の後輩から「生理不順を正したくて通販でピルを買ったんだけど、使っているうちに肌荒れも良くなった」という話を聞かされました。

その時に色々詳しく教えてもらったのですが、話を聞く限りでは、これといった危険や問題もなく、便利に使えそうな印象を持ちました。気になった私は、その日の内にすぐスマホで注文していました。

買いたいと思った時にすぐに注文できて、後は自宅で待つだけで良いというのは、通院の手間に比べたら大変便利です。病院よりも安く買えるのも嬉しいポイントです。薬が届いたのは注文から10日後です。普通の通販と比べると届くまでには時間がかかる印象ですが、薬代の2,000円ぽっきりで購入できちゃいます。ピルの品質に関しても、病院で扱っている薬とほぼ変わらないと感じました。今ではもっぱら通販を使って安くピルを買っています。

ユーザーの口コミ

評価:★★★★★

毎月病院に行くのが大変で 仕事も忙しくバタバタの毎日だったのが このサイトを知って すごく楽になりました! 効果は病院でもらうのと同じで 値段は3分の1なんて最高です! 1年分の購入でさらにオトクに♡

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照:あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-345

評価:★★★★★

女性の口コミ
女性の口コミ
学生の時に一時的に婦人科でトリキュラーを処方してもらっていました。 生理痛軽減、スケジュール合わせ、避妊を兼ねてこちらで購入しました。以前服用していたこともあり、副作用も気になりません。病院で処方してもらうより断然お得に購入できるのが魅力です。

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照:あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-345

通販で購入できる低用量ピル

私自身が実際に使ったことのある薬を紹介します。いずれも病院処方の薬と効果や使い方に差はありません。

マーベロン

病院で処方されることが多く、低用量ピルの中でも最も人気の薬です。マーベロンは副作用が少なく、安全性に優れた低用量ピルです。21錠と28錠で1シートの内容量に2種類の規格があます。28錠には、飲み忘れを防ぐためのプラセボ錠(偽薬)が7錠入っています。緑色をしています。

トリキュラー

トリキュラー

生理前のイライラや倦怠感、生理痛なの改善にも効果を発揮する低用量ピルです。男性ホルモンを抑制する働きにより、ニキビや肌荒れ、多毛症の症状を緩和します。

ダイアン35

ダイアン35

アジア人の使用を想定して作られた薬です。体格が小さい人でも副作用が出にくくなっている安全性に優れています。特徴は、丸型で小さい黄色の錠剤です。

メリット・デメリットについてまとめ

私の中でピルに対するイメージが大きく変わったのは、病院で処方されたのがきっかけです。

最初はピルを使い続けることが体への悪影響になるのでは?という不安を抱えていましたが、むしろ子宮体ガンや卵巣ガンの予防になることを知りました。ニキビや肌荒れ、多毛症の改善も期待でき、生理痛も緩和されるため、ピルの良さに気づきました。

ピルを服用するようになってから、生理痛を原因に仕事に穴をあけることも無くなり、何で今まで使わなかったのか不思議なくらいです。ピルのおかげで、以前よりも日々の生活が充実したように思えます。

ピルは度重なる改良により、以前よりも効果や安全性が更に高まっており、利用者も以前より増えています。
とはいえ、ピルに対する誤解したイメージを持っている人も少なくないと思います。まずは実際に使ってみることが大事だと思います。当サイトを参考にして、自分に合ったピルを探してください。