未分類

アフターピルによる吐き気の解消には市販の吐き気止めの服用が有効です。

吐き気

アフターピルでおこりやすい副作用

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれます。避妊しなかった時や、避妊に失敗した時に用います。豊富に配合されている有効成分(黄体ホルモン)の作用によって、排卵の抑制および着床の阻害の働きをします。妊娠を回避できる可能性は99%にも及びます。

緊急時に優れている反面、低用量ピルに比べて副作用が生じやすくなっています。このページでは、現れやすい副作用を紹介します。

主な副作用としては、以下の症状が報告されています。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 不正出血
  • めまい
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 下腹部痛

アフターピルと低用量ピルで見られる副作用は似ています。それぞれに特有といえる症状はありませんが、低用量ピルのように常用できるわけではありませんので要注意です。
上記の副作用が生じても、1日以内に治まることがほとんどです。

アフターピルを飲んだ後の吐き気

アフターピルの主な副作用のひとつである吐き気は、服用から24時間以内に治まることがほとんどです。
症状の程度には個人差があります。人によっては、何も感じないこともあります。仮に副作用がなかったとしても、アフターピルが効いてないわけではありません。

むしろ副作用による症状が強い場合や、飲んでから1~2経っても症状が治まらない場合の方が要注意です。
その場合、副作用が重症化していたり、他の病気を発症していたりといった可能性が考えられます。早急に病院を受診して、医師に相談してくださ。

吐き気が出たときの対処

砂時計

副作用の中でも特に要注意なのが、吐き気や嘔吐の症状です。薬を飲んでから2時間以内に吐き出してしまった場合、有効成分が体内に十分に吸収されていない場合があります。避妊に失敗するリスクとなります。

こうした場合、再度服薬を行う必要があります。医師に相談して指示を仰いでください。

吐き気の症状が強くない場合

アフターピルは必ずしも吐き気を伴うわけではありません。中には副作用が無いもしくはほとんど感じない場合に、薬が本当に効いてるのか不安になる人もいるようです。

最近ではアフターピルの改善によって、副作用の症状も抑えられています。副作用の現れ方が弱いからといって、薬が効いていないわけではないのです。吐き気が微弱だからといって不安になる必要はありません。安静にするなどの対処を行い、症状の悪化を防ぎましょう。

吐き気止めを飲む

飲んだ後に強い吐き気を伴う場合には、吐き気止めや酔い止めを一緒に服用しましょう。ドラッグストアや薬局で市販されているもので大丈夫です。「他の薬との飲み合わせで避妊効果が落ちたりしないの?」と心配になる人もいるかもしれませんが、吐き気止め・酔い止めに関しては併用して問題ありません。病院でも吐き気止めと一緒に処方されることもあります。

通販で購入できる吐き気止め

瓶に入った薬

アフターピルの副作用としておきる吐き気の対策には、ドラッグストアや薬局で買える胃薬や乗り物酔いの薬などの市販薬を使用できます。

胃薬と酔い止めのどちらを選んでも問題ありません。胃薬は吐き気が出たらすぐに飲みます。酔い止めはアフターピルの服用前30分くらいに飲んでおくと効果的です。

一般的な錠剤の他にも、水無しで飲めるチュアブル錠やドリンクタイプなど、飲みやすいよう工夫されている製品もあります。いずれも使用上の注意を良く読み、用法用量とを守って使えば問題なく併用できます。自分に合った薬を選びましょう。

市販で購入できる吐き気止め

アフターピルの吐き気に対しては、市販されている胃薬や酔い止めも効果があります。胃や食道から来る吐き気の抑制に効果的な薬としては、ガスター10が有名です。錠剤だけでなく、液体や口内で溶けるタイプの薬もあります。

吐き気が出た際の注意点

飲んでから薬の成分が体内に吸収されるまでには、2時間前後かかります。服用から2時間足らずで吐き出してしまった場合には、もう一度飲みなおす必要があります。
吐き気が出そうと感じた場合や、もともと吐き気が出やすい方は、なるべく早く吐き気止めを服用しておきましょう。

嘔吐したタイミングが服用から2時間以上経過していたら、効果に影響は出ません。体に成分は吸収されたと思われますので、安心して養生してください。

吐き気以外の副作用が出た際の対処

アフターピルは、体内のホルモンバランスを変化させて効果を発揮します。その影響により、吐き気以外にも、色々な症状が現れることがありますので要注意です。
吐き気以外の主な副作用の症状や、頭痛への対処などを紹介します。

頭痛の症状に対する対処

頭痛

頭痛はアフターピルを服用した人に必ずしも現れる症状ではありません。頭痛の症状が現れた場合には、頭痛薬を併用しましょう。ドラッグストアや薬局で購入できる市販の製品で構いません。

市販の頭痛は安心して併用できます。避妊効果に影響が出る心配もありません。
要注意なのは「アセトアミノフェン」を含む薬です。アフターピルとの相性が悪いので併用できません。

アフターピルの服用で副作用が生じたら慌てずに対処する

服用によって起こり得る副作用は、長くても1~2日程度で治まる一過性の症状がほとんどです。
吐き気の症状には吐き気止め、頭痛の症状には頭痛薬を用いることで、ほとんど和らぎます。

副作用が気になる方は、あらかじめ吐き気止めや頭痛薬を購入しておきましょう。通販では、効果の高い薬がアフターピルと一緒に購入できます。

「アセトアミノフェン」を含む薬は相性が悪いので避けるようにしてください。

ユーザーの口コミ

評価:★ ★ ★ ★ ★

女性の口コミ
女性の口コミ
今回で、2回目でしたが…問題なく使えました! 緊急用にと…持っておくと確かに安心できますし 私には、特に副作用などでずに使えました。 小さい粒なので、錠剤などを飲み込むのが苦手な私でも簡単に飲み込めて違和感もなかったです!

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照: あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-381

評価:★ ★ ★ ★ ★

女性の口コミ
女性の口コミ
万が一にも備えられるように、お守りとして購入しました。使うタイミングが無いことを祈りますが、1錠でも持っているだけで安心できるので、良い買い物だったと思います。

※投稿者の特定防止のため転載している口コミは内容の一部を修正しています。

参照: あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-381

吐き気が現れにくいアフターピル

現在使われているアフターピルのほとんどは、吐き気などの副作用が出にくくなっています。中でも、代表的な製品を下記で紹介します。

ノルレボ

日本国内でも認可されているアフターピルです。海外でも長い実績を持ちます。従来緊急避妊薬として使われてきた中用量ピルに比べて、吐き気などの副作用が大きく改善されています。
ジェネリックよりも先発薬に拘りのある方は、こちらを選ぶとよいでしょう。

ナイピル

ナイピルは、日本人向けに作られたノルレボのジェネリックです。日本人の体質に合うように開発されたアフターピルです。副作用が起こりにくいのは先発薬と同じです。1錠あたりの価格が安い、コンパクトに持ち運びしやすいなど、様々なメリットがあります。

アフターピルについて詳しくはコチラ

アフターピルによる吐き気のまとめ

新しい薬の開発により、近年ではアフターピルの副作用は大幅に改善されています。副作用は必ずしも現れるものではありません。仮に副作用によって何らかの症状が生じた場合でも、冷静に対処することで安全に使うことができます。アフターピルを安心して使う為には、副作用に備えて事前に準備しておくのが良いでしょう。