未分類

ノルレボの購入には通販の利用が便利でお得!

ノルレボは通販が便利

ノルレボは通販で買うとお得

ノルレボは、病院で処方される機会が最も多いアフターピルです。避妊せずに行ったセックスの後からの服用でも、高い避妊成功率を実現します。

妊娠を防げる確率は、避妊無しのセックスから24時間以内に服用すると95%、48時間以内では85%、72時間以内になると58%となります。

病院処方が一般的ですが、医薬品専門の通販を利用することも可能です。通販では、病院処方と同じ効果のあるノルレボを通院不要で安く購入できます。

ノルレボ通販価格
1箱3,320円
3箱8,920円
5箱14,000円

正規品のノルレボが買えるおすすめサイト!

正規品のノルレボが買えるおすすめサイト!

正規品のノルレボのみを取り扱っている医薬品の通販サイトはいくつかあります。中でも最もおすすめできるサイトを紹介します。

お薬なび

お薬なび

お薬なび

お薬なびは、10年以上の運用歴と、100万人以上のユーザー数を誇る老舗の大手医薬品専門の通販サイトです。

お薬なびがおすすめなポイント
  • 値段の安さ
  • 成分鑑定書がある

値段の安さ

お薬なびにおけるノルレボの購入価格は、1箱あたり3,320円~と、非常に良心的です。

正規品を証明する成分鑑定書がある

正規品証明・成分鑑定書あり
成分鑑定書

成分鑑定書があるということは、医薬品が正規品であるということの証明になります。

ノルレボを購入する方法

ノルレボを始めとしたアフターピルを購入する方法は、病院処方もしくは通販(個人輸入)があります。
アフターピルの購入が初めての人は不安が多いと思います。適切な飲み方や他の薬との飲み合わせなど、慣れない場合には病院処方がおすすめです。

アフターピルの扱いに慣れている方におススメなのが通販購入です。
出来るだけ安く購入したい方や、診察代などをかけたくない方などは、通販の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
ノルレボの価格は、病院処方では10,000~15,000円ほどになりますが、通販では約1,700円ほどです。

ノルレボの価格は購入するサイトによって微妙に異なります。どのサイトを選ぼうと、病院処方に比べると大幅に安くなることがほとんどです。

通販を利用する際にネックとなるのが、欲しい時に薬がすぐに手に入らないということです。

一刻を争う緊急時には、すぐに病院を受診して処方を受けてください。
通販は、万が一に備えて、あらかじめ薬を買っておくというのが正しい利用方法になります。

ノルレボの効果

ノルレボの効果は、排卵の抑制および、受精卵の子宮内膜への着床阻害です。

緊急避妊薬としての効果が期待できるのは、セックスから72時間(最長で120時間以内)に服用した場合です。
従来主流だったた緊急避妊法は、プラノバールと呼ばれる中用量ピルを使ったヤッペ法です。ヤッペ法は、強い副作用や、2回の服用を要するなどの難点がありました。

ノルレボが主流となったことで、従来の緊急避妊における難点が解消されました。

ノルレボの避妊作用

精子と卵子の受精から着床までに要する時間は96~120時間です。ノルレボはこの時間内に服用することで、妊娠を防ぎます。排卵を遅らせたり、着床を妨げたりといった効果を発揮します。

妊娠を阻止できる確率は、セックスから服薬まで12時間以内では99%、72時間以内で95.9%とされています。
72時間を過ぎても120時間以内ならばある程度の効果は維持されますが、72時間以内に比較して大幅に低下します。なるべく早めの服用が求められます。

ノルレボとはどんな薬か

ノルレボは、緊急避妊薬として作られた薬です。緊急避妊用の薬としては、国内で唯一認可を得ている薬でもあります。

ノルレボ以前の緊急避妊は、中容量ピル(プラノバール)を用いたヤッペ法と呼ばれる方法が行われていましたが、決して使い勝手が良いと呼べるものではありませんでした。2回に分けた服用や、吐き気・嘔吐などの副作用などの欠点を抱えていたのです。

緊急避妊方法の主流となったノルレボでは、従来薬の欠点をが改善されています。1回の服用で妊娠を回避できて、吐き気や嘔吐などの副作用をある程度抑えることに成功しています。

ノルレボの副作用

ノルレボの副作用として以下の症状が挙げられます。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 生理不順
  • 眠気・めまい

ノルレボでは、ヤッペ法で問題とされていた副作用が大幅に改善されています。とはいえ、個人の体調や体質によっては、副作用が生じる可能性もあります。

上記した副作用は、服用によるホルモンバランスの乱れによって生じる一時的な症状です。
副作用の強さには個人差があります。副作用に悩む人もいれば、一切の不調を感じないという人もいます。

飲み始めに出る副作用

ノルレボを飲んだ後に副作用が生じるケースでは、服用からおよそ2時間程度で症状が現れます。
短い時間の内に体内でホルモンバランスの急激な変化が生じることで、つわりに近い症状が現れることがあります。

従来薬のプラノバールが2種類の女性ホルモンを含んでいたのに対して、ノルレボでは1種類になっています。それにより吐き気などの副作用はかなり抑えられていますが、吐き気が出ることが全くないわけではありません。十分な注意が必要です。

ノルレボの服用方法

ノルレボの服用方法は簡単です。セックスから72時間以内に、水で1回飲むだけです。
1回の服用で済むことから、飲み忘れのリスクがありません。

嘔吐してしまった場合

服用後に吐き出してしまった場合、ノルレボの効果は維持されるでしょうか。ノルレボを始めとしたアフターピルの効果が現れるまでには、2時間かけて体内に吸収されます。服用から2時間以内に吐いてしまった場合、避妊効果が損なわれる可能性があります。

すぐに吐いてしまった場合には、再び薬を服用する必要があります。吐き気が心配な場合には、酔い止めや吐き気止めを併用するのが良いでしょう。吐き気止めの薬を一緒に飲んだとしても、避妊効果の妨げになる心配はありません。

飲み合わせにおける注意点

ノルレボとの併用が可能な薬として、吐き気止め以外にも市販の風邪薬や頭痛薬が挙げられます。

要注意なのが「アセトアミノフェン」を含む薬です。アフターピルとの相性が悪いので、併用は避けましょう。
他に飲み合わせが悪い薬として、以下が挙げられます。

  • 抗けいれん薬
  • HIVプロテアーゼ阻害剤
  • 非ヌクレオシド系逆転写

参照:PMDA  http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254900AF2024_1_04/

上記した薬を服用している可能性がある人は、ピルを飲む前に医師に相談してください。
併用注意なのは薬だけではありません。以下の成分を含むサプリメントや食品には要注意です。

セントジョーンズワート
プラセンタ
バストアップサプリ
大豆イソフラボン
チェストベリー・チェストツリー
グレープフルーツ

ノルレボ以外のアフターピル

アフターピルは、上述したノルレボだけではありません。ノルレボと同等の効果が期待できる安価なジェネリック医薬品や、ノルレボと比較して飲むまでの時間制限にゆとりがあるピルまで様々です。中でも人気な2つの製品を紹介します。

ナイピル

ノルレボのジェネリックとして最も有名な製品です。有効成分には、ノルレボと同じレボノルゲストレルが同じ用量で配合されています。同等の避妊効果と安全性が期待できます。

ナイピルのメリットは、価格の安さです。ノルレボの価格と比較しても、半額程度で購入できます。

エラ

ノルレボとは異なる有効成分で作られたアフターピルです。服用時間にゆとりがあるのが魅力であり、通常では3日以内の服用を要するところ、5日までに飲めば同等の避妊効果が示されます。

ノルレボについてまとめ

予定外の妊娠を防ぐ為にも、常に正しい方法で避妊を行うことが大切です。男性主導になりがちであるコンドームを使った避妊は、完全とは言い切れません。

勢いに任せたり、パートナーに流されたりして、避妊に失敗することがあります。そんなトラブルへから身を守る為にも、アフターピルを常に持っておくことは大切です。